「調査資料」カテゴリーアーカイブ

東京喰種(トーキョーグール)の概要、登場人物、キャラ、声優などの調査資料アーカイブ

キャラ調査資料 霧嶋 絢都・アヤト/喰種(アオギリの樹) #東京喰種

喰種(アオギリの樹)

●霧嶋 絢都(きりしま あやと) / アヤト
アオギリの幹部。羽赫。トーカの弟。姉とよく似た美形と評されている。孤児になる原因になった事件の経験から人間を嫌い、力を遵奉するようになる。極めて粗暴かつ陰険な性格をした激情家だが、拉致したカネキに忠告を与えたり、戦闘でさりげなく姉を庇うなど、本来の優しさを垣間見せる。
トーカとは人間との関わり方について相違があり決別した後、都内各地で暴れ回っていた時にタタラと出会い、アオギリの樹に参加。数年後にあんていくの襲撃でトーカと再会するも、既に敵対関係にまで悪化していたが、今でも姉への屈折した愛情を抱いており、それをカネキに見抜かれていた。トーカの赫子を喰らって戦闘不能に追いやった後、トーカを救出したカネキと戦い、身体の骨の半分を折られ、文字通り「半殺し」にされた。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 入見・カヤ/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●入見(いりみ) / カヤ
あんていくの女性従業員。優れた探索能力を備えており、遠隔地の建物内の様子も足音や律動、内部の反響などを聞き分けて様子を窺い知る力をもつ。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 古間/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●古間(こま)
あんていくの男性従業員。気さくな性格で、コーヒーを淹れ方では定評を持つ。「20区の魔猿」と呼ばれていたと自称しているが、戦闘の描写や回想シーンが無いため実際は不明。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

キャラ調査資料 四方 蓮示・ヨモ/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●四方 蓮示(よも れんじ) / ヨモ
男性。赫子は不明。店長の右腕的な人物。店の業務に関わることはなく、情報収集や自殺者の遺体集めといった実務を担当している。寡黙で無愛想だが誠実な人柄で、周囲からの信頼も厚い。
ウタやイトリとは4区で暮らしていた頃からの友人であるが、ウタとは4区を混乱に陥れるほどの敵対関係にあった[2]。トーカやカネキに格闘の手ほどきをしており、作中ではほとんど描写されていないが、多くの強力な喰種から警戒されるほどの実力をもつ。
アオギリの事件前後からカネキとの確執が芽生えるようになっている。嘉納のラボでカネキの前に現れ、宣戦布告ともいえる言葉を残しリゼを連れ去った。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 西尾 錦・ニシキ/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●西尾 錦(にしお にしき) / ニシキ
上井大学の薬学部薬学科2年生。男性。尾赫。本来は情に厚いが神経質で攻撃的な性格をしており、口の悪さが目立つ。同校に通うカネキの先輩にあたる。貴未の恋人でもあり、彼女とは相思相愛の関係となっている。親代わりの姉が人間の恋人に裏切られて駆逐された経験から他人を信用しておらず、徹底的な個人主義を貫いている。
喰場所に偶然居合わせたカネキをテリトリー荒らしと誤解し、報復でヒデを捕食しようとするが返り討ちにされて姿を隠す。後に再会した際、負傷のために14区で喰種の集団に共食いの餌食になりかけていたところをカネキに救われる。月山に拉致された貴未をカネキたちの協力のもとに救出し、以降はカネキの善意を受け入れ和解する。喰種である自分を受け入れてくれた貴未へのけじめから、人を殺さずに食物を得る生き方を選び、あんていくに勤務することになった。以降、不器用ながらもカネキとトーカを気にかけている。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 芳村・店長/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●芳村(よしむら) / 店長(てんちょう)
あんていくの店長。初老の男性。羽赫の赫者。温厚で優しい人物だが、感情に流されずに判断を下せる大局観を兼ね備えている。
半喰種化して思い悩むカネキを人間と喰種の「二つの世界に居場所を持てる唯一人の存在」と励まし、自分たちをもっと知ってもらうためにあんていくの仲間として迎え入れる。カネキとリゼが遭遇した事故の真相を本人に隠すなど、窺い知れない一面をもつ。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 霧嶋 董香・トーカ・ラビット/喰種(あんていく) #東京喰種

喰種(あんていく)

●霧嶋 董香(きりしま とうか) / トーカ / ラビット
本作のヒロイン。赫子は羽赫。清巳高等学校普通科の女子高生(2年生→3年生)。苦手科目は古文。幼い頃は小鳥を飼っていたが、今は苦手になっている。放課後はあんていくでアルバイトをしており、カネキの先輩店員にあたる。ウサギのマスコットを好み、マスクもそれに合わせていることから、喰種対策局からは「ラビット」の呼称が付けられている。普段人間の食事を口にしているため戦闘能力を十全に発揮できないでいる。
普段はか弱い者にも気遣いを忘れない心優しさを見せるが、感情的になると激情に駆られ、敵対した人間を躊躇なく殺すなど凶暴な一面を持っている。カネキはこの極端な生命観を喰種としての生き方から来ていると考えている。平穏な暮らしを営める人間を羨んでおり、元が人間であるカネキに対しては複雑な感情を抱いているが、彼の優しさに惹かれている。
既に両親はおらず、弟のアヤトと同居していたが音信不通となり、後に敵対関係となる。家族を失ったヒナミを引き取って同居していたが、アオギリの事件後に彼女はカネキについていくことを選んだため、元の一人暮らしをしている。

 

引用:東京喰種(wikipedia)

 

 

 

キャラ調査資料 金木 研・カネキ/喰種(主人公) #東京喰種

喰種(主人公)

●金木 研(かねき けん) / カネキ
本作の主人公。男性。誕生日12月20日の射手座。上井大学国文科1年生で18歳→6区を拠点にする喰種グループのリーダー。元人間の半喰種。
20区内のマンションに一人暮らしをしている。読書が趣味で主にミステリーを読んでいる。ミステリー作家の高槻泉のファンである。独白シーンではたびたび小説の引用で心境が語られている。
喰種のリゼに捕食されかけ瀕死になるものの、リゼが鉄骨落下事故に巻き込まれて九死に一生を得る。搬送された病院でリゼの臓器を移植されて生き延びるが、その代償で半喰種になり、喰種の世界に関わることになる。半喰種化したことで苦悩していたが、あんていくのマスターに救われて区内に暮らす喰種の集まる場所でもある同店のメンバーとなる。そこで人間と喰種双方の苦悩に触れながら自らの生き方を模索するが、アオギリの樹でのヤモリの拷問を契機に、忌避していた喰種の本質を受け入れ、大切な人々を守る為に戦う道を選ぶ。元来の性格は内向的かつ温厚で、亡き母の影響で自己犠牲を尊ぶ受け身な考え方を持っていたが、アオギリに拉致された一連の事件を経て敵対者に容赦しない冷徹かつ攻撃的な一面を持つに至った。また、ヤモリの執拗な拷問が彼の思考や人格にパラダイムシフトをもたらしたためか、ヤモリの人格と癖を模倣し強い喰種を喰らうようになった。あんていく一行と合流しアオギリから脱出した後、ある目的のためにあんていくに戻らず離別した。
半喰種であるため食性や身体能力は喰種と同じであるが、赫眼は左目だけに現れ、自分の意思で発現をコントロールできない為、外出時は眼帯をつけている。マスクは普段とは逆に赫眼のみを露出する構造になっている。赫子はリゼと同じ鱗赫で、右の腎臓付近から発生する。標準的な喰種に比べると体の堅牢さに劣るが、喰種からも異常と見られるほどの回復力を持つ。嗅覚の優れた喰種たちに言わせると喰種や人間とも違う体臭であると指摘されているが、リゼと面識のある者からは彼女の匂いを感じ取られている。Rc検査ゲートと呼ばれる喰種判別装置に反応せず、肉体的に人間的な要素が多く残されている描写がなされている。極度の飢餓状態に陥るとリゼを思わせる人格と口調に変化する描写がある。当初は黒髪だったが、ヤモリの拷問による後遺症で白髪となっており、以後は変装時にカツラを被るようになった。
幼くして母を亡くしたことで孤児になり、伯母一家に引き取られて暮らしていたが、伯母によるネグレクトに遭っていたため、親友のヒデが心の支えになっていた。

 

引用:東京喰種(wikipedia)